クレぺリン検査メニュー


クリペリン検査と就職活動

最近では、就職活動をする学生はマニュアルのおかげで、履歴書も面接もロールプレイもなんなくこなす人が増えています。

それは悪いことではないのですが、就職活動をする人は皆同じような印象を受けてしまうので、自分の特徴や個性が相手に伝わらないことが多いように思います。



就職活動において、自分らしさをアピールすることは大切なことですよね。

しかし、就職活動をする学生の中には、「自分の長所や短所がわからない。」

と言う人が多いと聞きます。



そんな人は、一度心理テストを受けてみるのもいいかもしれません。

心理テストの中でも、クレペリン検査をおススメします。このクレペリン検査は、一桁の数字を計算していく簡単な作業です。



クレペリン検査は客観的な自分の姿を知ることができます。

さらに、就職活動を行ううえで、自分がどのような職種に向いているかということも、このクレペリン検査で知ることができます。



さらに、企業サイドが自分をどのように評価するのかを知る手がかりにもなりますので、就職活動を行う学生さんには一度受けてみたらいい心理テスト(クレペリン検査)だと思います。



クレペリン検査は、企業の採用場面でも採用されている心理テストです。クレペリン検査の結果をもとに、就職活動でしっかりと自分をアピールして、それを認めてもらえる会社に就職することが、もっとも大切なことだと思います。



クレペリン検査はなにを見るための試験なのか?

■ クレペリン検査はなにを見るための試験なのか?


クレペリン検査は、単純な足し算を繰り返すだけですが、それにより作業能率
の他、気分のムラ、集中力や注意力の有無など多くのことを判定できます。


職種によっては、単純作業を延々と繰り返すものや、かなり長い間集中力や
注意力を必要とするものがあります。


例えば、車や電車の運転手や危険物を取扱うような職種、製造業などの単純
作業が多い職種では集中力や注意力がないとやっていけませんよね?


職務に対してある程度の適性を見ていると考えて間違いないでしょう。


ただ、あまりに検査内容が悪ければ別ですが、クレペリン検査は採用試験の
なかで参考程度にやるものですから、あまりクレペリン検査にこだわらない
ほうがよいです。


クレペリン検査とは

クレペリン検査とは、性格検査の方法のひとつです。

クレペリン検査は作業検査法の代表として、

多くの企業や官庁や学校などで利用されています。

内田クレペリン検査とは、ドイツの精神医学者エミール・クレペンが行った研究理論を基に、内田勇三郎がさらに研究を重ねて、作業検査として確立させたものです。

その2人の名前をとって、内田クレペリン検査と名づけられました。

クレペリン検査の方法とは、

検査用紙に並んでいる一桁の数字を左端から順番に足し算としていきます。



1分たったところで2段目にうつり、また1分たったら3段目に移るといった方法で、計算をしていく作業を行います。

そして、クレペリン検査は前半15分、休憩を5分挟んで、後半15分行います。



クレペリン検査終了後に、各行の最後に計算された数字を15こずつ線で結びます。

たいていのひとは、大体同じような曲線を描くことがわかりました。

これを、クレペリン検査の「作業曲線」と呼びます。このクレペリン検査によってでた作業曲線を調べた結果、その人の性格の違いによって、描かれる作業曲線に様々な特徴を見ることができ、その特徴と性格の特徴とが結びつくことがわかりました。


適性検査とクレペリン

適性検査とは、就学や就業など、特定の活動にどれだけ適した素質を持っているかを判定するための検査です。

適正検査の内容は、知的検査、学力検査、性格検査、運動能力検査などを組み合わせてその人の適正を調べます。



適性検査を受ける機会は、転職や就職活動、昇進試験など、会社で受けることが多いのではないでしょうか。この適性検査は、面接だけでは試験者、志願者の性格までわかることは難しいとの理由で、実施されています。



企業側は、この適性検査の結果を配属先の決定や、早期退職を防ぐために役立てています。就業においての適性検査の中で、作業検査としてよく行われるのがクレペリン検査です。



クレペリン検査は、一桁の数字を順番に足し算していくという、単純な検査です。しかし、クレペリン検査によって、性格や行動ぶり、知性までが判断できるようになっています。



企業によっては、遠隔地の就職活動生のために、インターネット形式でクレペリン検査を受けることができるようにしているところもあるようです。



また、クレペリン検査のための、クレペリン検査対策やクレペリン検査問題集など、クレペリン検査のための講習会が開かれるなど、クレペリン検査は重要視されている適性検査のひとつです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。